犬のしつけはどうするべきか

愛犬に関してはどうしても甘くなってしまうという人は多いと思います。
ですが、甘いだけではなくて、ちゃんとしつけもしてあげなければなりません。
このしつけというものはどのように行ってあげるのがいいのでしょう。

まずはむやみに人やものを噛まないようにすることが大切です。
飼い主に対しても当然なのですが、他人に対しても噛まないようにすることがとても大切になります。
人を噛むという話を聞いたことがあると思いますが、これは幼少期からのしつけがなっていないという点があります。
しつけがきちんと出来ていれば、噛まないような犬に育てることもできるのです。

犬が人を噛むということは、犬自体が噛まれることを知らないということが多いのです。
一匹で飼われている犬の場合、痛みを知らないことが多いです。
こうしたところが原因となりますから、噛まれていることに対して痛いと思わせることが何よりも大切です。

また、吼えないようにするというしつけも当然ですが大切です。
全く吼えないようにしてしまうと、番犬としての役割を果たすことが出来なくなります。
ですが、最低限のしつけをすることが大切なのです。
完全な室内犬というのであれば問題はありませんが、吼えたときのしつけをきちんとすることを心がけましょう。
しつけのためのグッズというものも販売されています。

愛犬を大事にすることは大切ですが、大事にしすぎるあまりにしつけを忘れないようにすることを覚えておきましょう。



≪TOPIC≫
愛犬の健康を考えて作られたドッグフードの通販サイトです ... ドッグフード 通販

Copyright © 2014 飼い主の責任!犬のしつけのポイント All Rights Reserved.